« 改修のお供 | トップページ | リバース2016 »

2016年7月16日 (土)

好きだった堤作品

ツイッターでトリックの監督の温泉ドラマがくそつまんねえと批判されていたので
堤監督の新作なんてヤッテタンダー と思ってぐぐりました。

向井理 ←こいつが出てる時点でもう見る気しない。
だから見てない。

向井はスペック後半で突然登場してきて、そのまま最後までわけのわからない鍵役として
映画でさんざんな結果を叩き出しましたが
監督はこいつをお気に入りなんですかね。

このブログで、スペック面白い!!!!!と超褒めたことがありますが
特番→映画と規模のでかい興行を重ねるたびに、名作が駄作になってしまい
本当に悲しい思いを致しました。

白い人(向井)がどういうキャラであろうと、その脚本にGO出したのは監督の堤さんであって
広げた風呂式を回収しきれない堤作品の悪いところ全部、スペックでさらけ出した感じでしたが
それでもまだ…新作…やってんだね。

堤作品といえば トリック という人のほうが圧倒的で
トリックは面白かったという人がいっぱいいますが
私はトリックよりも、ケイゾクが大好きでした。

ケイゾクの流れをくむ、スペックもまた大好きでした。
映画で本当にひどいことになって終了?した感じですけど。

まあもう私の中で堤監督はスペック劇場で4んだので
新しい作品は見ないし、
それを酷評しようとされようと、面白いと思う人に向けて作ればいいと思うけど
ムカイリだけは嫌いです。

ムカイリじゃなかったらミタノニナーザンネンダナー()

« 改修のお供 | トップページ | リバース2016 »

ぶろぐ」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ